2010年11月、大阪・本町で開店したLisboa。

最初はタシュカ(居酒屋)スタイルで、馴染みのあるおつまみや料理をいろいろ提供しながら、ワインとビールを楽しんでいただくお店でした。

店舗を少し大きくして、テーブル席を設置。ジョゼの料理の腕もあがってきたので、レストランスタイルに変更。月替わりのコースメニューでゆったりした食事時間を堪能していただくお店に生まれ変わりました。

月日が流れ、2021年11月、11周年記念はコロナ禍の中、パーティを開催することが難しく、特別コースと題して1か月間周年記念月間を決行。毎日満席の大盛況で忙しくも嬉しい日々でした。本当にたくさんのお問い合わせとご来店、ありがとうございます。

そして、2022年1月31日をもって、大阪でのLisboaは幕を下ろします。

第2章は、高知県で再スタートします。

パンとお菓子作り(エッグタルト含む)にはまったジョゼが、今度は薪を使った「窯」で料理します。

イメージは、カフェ&ベーカリー。窯で焼いた天然酵母のパン(ポルトガルにはたくさんの種類のパンがあります!)、そこから作るホットサンド、いろいろなデザートとこだわりのコーヒー。慣れてきたら、ネット販売で美味しいパンをお届けしたいと考えてます。(オープンは初夏の予定)

子どもの学校のこと、家族の生活のこと、ちょうどそんなことを考え始めていたときに、コロナという今までに経験のない状況になりました。このまま営業を続けられるのか、これからどうなるのか、私たちはどうしたいのか。毎日のように話し合い、可能性を模索したこの1年半。各方面が確実に決まるまで、なかなか皆様にはお伝えできなかったのが心苦しかったです。

今日、こうしてお伝えすることができ、いろいろ話せますが、大阪から離れてしまうことに寂しくもあり、新しいことにチャレンジする喜びもあり、なんだか複雑な気持ちですが、どうか大阪での営業を最後までよろしくお願いします。残り2か月、全力で駆け抜けます!その後も、写真や動画で情報アップしていきますので、是非とも応援よろしくお願いします!!!

ジョゼ・ソーザ・ボテーリョ&はづき