ポルトでどうしても行きたかったお店のひとつ。
予約が取りにくいお店。ポルトの中心地からちょっと離れてます。
入口の素敵なドアをノックすると中に入れます。建物内部はポルトガル北部の石を使った独特な内装になっていて、一気にその世界観に引き込まれます。

入り口入るとすぐにバーカウンターがあり、
食前酒を飲みながら席に案内してもらうのを待ちます。
シェフは、若いシェフたちのコンテストで優勝した有名人で、最近このお店にスカウトされて、
この若さで料理長を任されている方です。

お料理はコースメニューが断然おススメ。すべてポルトガルの食材を使っていると聞きました。
ポルトガル様々な地域の伝統料理を食べられるコースだと、お肉や魚などいろいろな食材を使っています。ポルトガルの特定の地域の伝統料理のコースだと、その時に提供される地域によって食材も変わります。
私たちは、シーフード料理を食べたかったので、アルガルヴェ地方のコースにしました。

どちらのコースにしても、最初に手づかみで食べるアミューズブッシュが数品並びます。

器も見た目も味もすべてが上品。だけど、そこはポルトガル。サービスマンがフレンドリーでこちらが緊張しないように雰囲気を作ってくれて、終始リラックスして食事ができます。ポルトガルワインのリストも豊富。会話を楽しみながら、ワイン選びができます。 料理の説明も大変丁寧で、ポルトガル料理とポルトガル食材に対するこだわりと熱意を感じました。

イカを使った料理
スズキと“畑の魚(えんどう豆の天ぷら)”

様々な料理が提供された後、料理メニューが書かれた小さな紙がでてきました。そこには、物語が書かれていて、その中に今まで食べた料理名が順番に出てきました。私たちが物語の中の主人公になったような気分でした。

最後は、オルゴールの中に入っているプティフル。
音楽を聴きながら、カフェを飲みながら、物語を閉じました。

とても素敵な時間を過ごせます。(ポルトガル時間なので、20:00-23:30くらいが夕食タイムですが・・・・)
予約は取りにくいかも知れませんが、ポルトへ行くことが決まったら、是非事前に予約してみてください。
https://www.opaparico.com/pt/