ピリピリチキンのお店

ポルトガルのピリピリチキン⁉

ドンムアン国際空港で何か食べようとウロウロしていたら、
piripiriという看板が目に留まりました。

(タイ人のお兄ちゃんがポーズとっているのはご愛敬)

近づいて見てみると・・・・

ピリピリチキンのメニュー

ポルトガルのシンボル
ガロ(奇跡と幸運の雄鶏)のイラストが!!!

これはポルトガルで有名なピリピリチキンをもとに作ったチェーン店だと確信して、早速注文しました。

ピリピリチキンバーガー with チップス

ピリピリチキンバーガー with チップス

(調理中の写真がないのが残念ですが・・・・)
注文を受けてから、鶏肉を削ぎ切りにして包丁で叩きます。
軽く塩をふって、グリルします。
ピリピリソースを塗ってパンにはさみます。
1つずつ丁寧に作っているので、ファーストフード店にしては時間がかかります。
(なので、googleでの口コミ評価が低い。早く食べたい人は、隣の某有名ハンバーガーショップにすればいいのに・・・・)

一口食べて・・・・美味しい!!!!!
火加減も辛さも絶妙!!!!
チェーン店でここまで美味しいのは素晴らしい!!!!

難点は、255バーツ(当時943円)はちょっと高いところ。
マクドナルドの野菜チーズバーガー単品が109バーツ(当時403円)なので、まあ妥当な価格設定なのかと思いました。
空港価格なのかも知れません。
ちなみに、空港内のタイ料理ならガパオライスが80バーツ(当時296円)で食べられます。

でも、とにかく美味しくて、あっという間に平らげました。

ポルトガルソース

ポルトガルソースも販売!

カウンターでは、ポルトガルソースも販売していました。
タイサルサ、スイートチリなので、ポルトガルソースという名のタイ味ですが・・・・
350バーツ(当時1295円)でちょっと高かったので買わなかったです。

ガロとお兄ちゃん

ガロの写真を撮りたくてカウンターに戻ったら、またお兄ちゃんがポージング。ガロ撮りたい・・・・

ガロ

やっと撮れた!!!!
ポルトガルでよく見かけるデザインです。

調べてみたところ、バンコク市内に5か所、パタヤとプーケットにそれぞれ1か所お店があるようです。
自分たちでスパイスを挽いて、新鮮な食材で調理していると書いてあります。

経営会社はかなり大きいようですね。いろいろなお店を展開しています。

ジョゼがピリピリチキンをパンで挟んでバーガーにするアイデアをとても気に入りました!
なので、今年のピリピリチキン祭りは、バーガースタイルにしようかなあと考えてます。

どうぞお楽しみに!!!