カテゴリー: 今月のメニュー

3月のメニュー

2020年3月のメニューです。

春を感じるえんどう豆のスープからスタートする3月のコースメニューです。
ぴあMOOKに載った(2月29日発売)「アロシュ・デ・マリシュコ(海鮮ごはん)」も登場です。
(アロシュ・デ・マリシュコのレシピはこちらをクリック

通常、お肉に使うステーキ風ソースを鮮魚に使い、濃厚な味に仕上げてます。(赤ワインでも白ワインでも相性抜群)

チーズプレートは自家製チーズのプリン、デザートプレートはいちごと抹茶でポルトガルの代表的なデザート「ティジェラーダ」です。

2020年3月のメニュー
3月のメニュー英語版

ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。シェフ1人で営業する日もございます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

2月のメニュー

2020年2月のメニューです。

バレンタインもある2月、ベルギー産カレボーチョコレートを使用したデザートが登場です。
春を感じさせる菜の花を使ったごはん、自家製スモークハマチの料理、北海道の牧場から直接仕入れている放牧豚などです。

2020年2月メニュー
menu2020feb

ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。シェフ1人で営業する日もございます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

ポルトガルでパンは命【当店の手作りパンの物語】

リスボンのパン屋さん

ポルトガルへ行くと、どこでもパン屋さんを見かけます。
そして、どれも安くて美味しいです。

レストランに入ると、お通しとして卓上にパンが置いてあります。
(詳しくはポルトガルのレストランでの注文手順をご覧ください。)

今回の記事で、是非、好きなパンを見つけてください!

Read more

1月のメニュー

2020年1月のメニューです。年末年始で疲れた胃腸にも優しいラインナップとなってます。毎年作っている「ポルトガル版七草かゆ」は出汁のきいた人気のごはんです。自家製の燻製カラスミがアクセントになってます。

1月のメニュー日本語版

ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

11月のメニュー

Lisboa11月のメニュー日本語版
Lisboa11月のメニュー英語版


ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

甘~い!栗マロンかぼちゃ

食欲の秋がやってきました。
市場に行くと様々な美味しい食材が並んでいます。

カレボチョコレートや北海道江別の麦を仕入れさせてもらっている前田商店さんから、またまた美味しい食材を紹介していただきました。

その名も「栗マロンかぼちゃ」

生産するのが難しく「幻の種」「農家泣かせの種」と呼ばれてますが、1人の生産者さんが惚れ込んで30年間繋がり続けてきたかぼちゃです。
詳細はzuccazuccaさんのサイトをご覧ください。(下記ボタンをクリック。購入も可能です。

このかぼちゃを贅沢に使ったスープが、10月のメニューです。
本当に甘いかぼちゃをご堪能ください。

10月のメニュー

Lisboa10月のメニュー日本語版
Lisboa10月のメニュー英語版


ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

[アサリのアルガルヴェ風]が最中の中に!

アサリのアルガルヴェ風

8月のメニュー「アサリのアルガルヴェ風」です。
ポルトガル南部アルガルヴェ地方のアサリのカタプラーナ料理をベースに、冷たい料理にしてみました。海の幸と山の幸を合わせ、旨味を凝縮させて最中にいれ、夏でも食べやすいおつまみにしました。