カテゴリー: すべてのブログ

ポルトガル発酵調味料のレシピ(マッサ・デ・ピーメンタオン)【和食にも使えてアレンジ自由自在】

パプリカ

日本での醤油や味噌のように、ポルトガルの家庭には必ずと言っていいほど常備されている発酵調味料

マッサ・デ・ピーメンタオン( Massa de Pimentão )

マッサ=ペースト(いろいろな意味がありますがここではペースト)
ピーメンタオン=パプリカ

つまり、パプリカで作ったペーストのこと。

日本での醤油や味噌のように、発酵熟成した深い旨味があるので、少量使うだけでポルトガル料理の美味しさがより引き立ちます。
塩の代用品として使うことができます。
やっぱり、発酵したものは美味しいし、体にいいですね。

ポルトガル料理では、隠し味として様々な料理の中に入っています。

Read more

2月のメニュー

2020年2月のメニューです。

バレンタインもある2月、ベルギー産カレボーチョコレートを使用したデザートが登場です。
春を感じさせる菜の花を使ったごはん、自家製スモークハマチの料理、北海道の牧場から直接仕入れている放牧豚などです。

2020年2月メニュー
menu2020feb

ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。シェフ1人で営業する日もございます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

リスボンのバイシャ・シアードが変わります!【車の通行禁止に】

バイシャ・シアード

2020年1月31日にニュースが飛び込んできました!

2020年6月より、バイシャ・シアードでは車の通行禁止

このプロジェクトを進めているサイトより情報や写真を拝借します。
さらに詳しい情報を知りたい方は、こちらをご覧ください。
http://zer.lisboa.pt/

世界中で、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の取り組みがされてます。
リスボンも毎年観光客が増えるに伴い、バス、タクシー、車も増えていて、空気汚染が問題になってきていました。経済は潤うのですが・・・・。
どのようなプロジェクトか、簡単に説明します。

Read more

ポルトガルでパンは命【当店の手作りパンの物語】

リスボンのパン屋さん

ポルトガルへ行くと、どこでもパン屋さんを見かけます。
そして、どれも安くて美味しいです。

レストランに入ると、お通しとして卓上にパンが置いてあります。
(詳しくはポルトガルのレストランでの注文手順をご覧ください。)

今回の記事で、是非、好きなパンを見つけてください!

Read more

ミシュランガイドにも載ったタイNo.1ポルトガルレストラン【il FUMO】に行ってきました

タイ・バンコクにあるポルトガルレストランil FUMOの入口

バンコクでポルトガルレストラン!?

あれ?店名はイタリア語?
そう思った人は正解です!
2015年オープン当初はコンテンポラリー・イタリアン・グリルでした。
ヨーロッパから本場の食材を輸入し、紆余曲折を経て、ポルトガル人シェフNelsonさんを迎えてポルトガルレストランに生まれ変わりました。

Read more

1月のメニュー

2020年1月のメニューです。年末年始で疲れた胃腸にも優しいラインナップとなってます。毎年作っている「ポルトガル版七草かゆ」は出汁のきいた人気のごはんです。自家製の燻製カラスミがアクセントになってます。

1月のメニュー日本語版

ポルトガルのディナータイムは、ワインを飲みながら、食事しながら、お喋りを楽しむ時間でもあります。
当店のコースメニューで3時間程度、のんびりしたポルトガルタイムをお過ごしください。(シェフは自信を持って提供できる料理しかお客様には出せませんので、急いで提供するということは致しかねます。お時間の余裕がある日に是非ご予約ください。)

ポルトガル語の発音「S」で出身地がわかる⁉

Lisboaの発音について

日本でも共通語、方言など様々あり、同じ単語でも発音がちょっとずつ異なります。
ポルトガル語も同じで、地域によって発音が少し異なります。
(同じポルトガル語を話すブラジルだと、もっと発音やイントネーションが異なり、全然違う言語に聞こえるくらいです。でも、このことはまた別のブログで!)

今回は「S」の発音で出身地がわかる⁉という話です。

Read more